• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「わずか 一しずくの血」連城三紀彦著

 夜、敬三の家に1年前に失踪した妻の三根子から電話がかかってくる。三根子は娘に10時のニュースに自分が出てくると告げたという。

 ニュースで群馬の山中で白骨化した左脚が見つかったと聞いた父娘は、それが三根子の脚だと直感する。見つかった足の指には三根子が普段そうしていたように、結婚指輪がはめられていたといい、指輪に刻まれたイニシャルも同じだった。同日、伊香保の温泉宿で仲居の藤代は、カップルの宿泊客に対応。カップルが使った風呂場を掃除しようとして、居合わせた男客は藤代に強烈な印象を残す。翌朝、男が先に旅立ち、女は部屋で死んでいた。遺体の顔は潰され、左脚が持ち去られていた。

 20年前の発表後、埋もれていた名作の単行本化。(文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る