「処刑までの十章」連城三紀彦著

公開日: 更新日:

 夕方に帰宅した純子は、会社からの留守番電話で、朝いつも通りに家を出た夫の靖彦が出社していないことを知る。

 その日の早朝、高知の土佐清水市で放火殺人事件が発生。前日、消防署に「午前5時71分」に火災が発生することを予告した絵はがきが届いたという。靖彦の弟の直行は、兄が以前、同じ表現を使っていたことを思い出す。

 やがて、靖彦が会社の金を横領していたことも分かる。純子の話から、アサギマダラという蝶を趣味にする靖彦が、仲間の勝美と失踪した可能性が高まる。直行は、火事と勝美との関係を調べるため高知へ。一方の純子は、夫が失踪した日、靖彦らが多摩湖畔の旅館に泊まったことを突き止める。

 耽美ミステリーの名手が残した渾身作。(光文社 920円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る