「処刑までの十章」連城三紀彦著

公開日: 更新日:

 夕方に帰宅した純子は、会社からの留守番電話で、朝いつも通りに家を出た夫の靖彦が出社していないことを知る。

 その日の早朝、高知の土佐清水市で放火殺人事件が発生。前日、消防署に「午前5時71分」に火災が発生することを予告した絵はがきが届いたという。靖彦の弟の直行は、兄が以前、同じ表現を使っていたことを思い出す。

 やがて、靖彦が会社の金を横領していたことも分かる。純子の話から、アサギマダラという蝶を趣味にする靖彦が、仲間の勝美と失踪した可能性が高まる。直行は、火事と勝美との関係を調べるため高知へ。一方の純子は、夫が失踪した日、靖彦らが多摩湖畔の旅館に泊まったことを突き止める。

 耽美ミステリーの名手が残した渾身作。(光文社 920円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る