• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「墓守刑事の昔語り」本格ミステリ作家クラブ編

 小学6年の淳は、超能力を持ち、「神様」を自称する同級生の鈴木にどうしても聞きたいことがあった。川合を殺した犯人の名前だ。2年前の2月、淳は川合から交際を申し込まれた。だが、直後に川合の親友の赤目からも交際を申し込まれ、からかわれていると知った淳は、バレンタインの日に川合に絶交を申し渡した。翌朝、神社の裏の池に浮かんでいる川合が見つかった。淳はショックを受けるとともに、その日から赤目のことを疑い続けてきた。しかし、鈴木の口から出てきたのは「依那古朝美」という聞いたこともない名前だった。1週間後、淳のクラスに依那古雄一という名の少年が転校してくる。(麻耶雄嵩著「バレンタイン昔語り」)

 ミステリー作家11人が競演するアンソロジー。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る