「墓守刑事の昔語り」本格ミステリ作家クラブ編

公開日:  更新日:

 小学6年の淳は、超能力を持ち、「神様」を自称する同級生の鈴木にどうしても聞きたいことがあった。川合を殺した犯人の名前だ。2年前の2月、淳は川合から交際を申し込まれた。だが、直後に川合の親友の赤目からも交際を申し込まれ、からかわれていると知った淳は、バレンタインの日に川合に絶交を申し渡した。翌朝、神社の裏の池に浮かんでいる川合が見つかった。淳はショックを受けるとともに、その日から赤目のことを疑い続けてきた。しかし、鈴木の口から出てきたのは「依那古朝美」という聞いたこともない名前だった。1週間後、淳のクラスに依那古雄一という名の少年が転校してくる。(麻耶雄嵩著「バレンタイン昔語り」)

 ミステリー作家11人が競演するアンソロジー。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る