「墓守刑事の昔語り」本格ミステリ作家クラブ編

公開日:  更新日:

 小学6年の淳は、超能力を持ち、「神様」を自称する同級生の鈴木にどうしても聞きたいことがあった。川合を殺した犯人の名前だ。2年前の2月、淳は川合から交際を申し込まれた。だが、直後に川合の親友の赤目からも交際を申し込まれ、からかわれていると知った淳は、バレンタインの日に川合に絶交を申し渡した。翌朝、神社の裏の池に浮かんでいる川合が見つかった。淳はショックを受けるとともに、その日から赤目のことを疑い続けてきた。しかし、鈴木の口から出てきたのは「依那古朝美」という聞いたこともない名前だった。1週間後、淳のクラスに依那古雄一という名の少年が転校してくる。(麻耶雄嵩著「バレンタイン昔語り」)

 ミステリー作家11人が競演するアンソロジー。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る