「燃えない電池に挑む!」竹田忍著

公開日: 更新日:

 リチウムイオン電池は蓄電を可能にし、二酸化炭素発生量の削減も可能であることから、「新石油」として期待されている。だが、韓国のサムスン電子のスマートフォンの発火・発煙事故が相次いだことから、〈燃えない電池〉の開発が待望されていた。

 それに挑戦したのが元銀行マンの吉田博一が69歳で起こしたベンチャー企業、エリーパワーだ。吉田らは電気自動車のエネルギーとして大型リチウムイオン電池を開発したが、あまりに高価なものになってしまったため、低価格化が課題となった。発電して即消費しなくてはならない電力と違い、蓄電できる安全なエネルギーの開発に挑んだ男たちを描くノンフィクション。(日本経済新聞出版社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る