• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「がん検診を信じるな『早期発見・早期治療』のウソ」鳥集徹著

 芸能人ががんになるたびに強調される「早期発見・早期治療」だが、それによって寿命が延びるという科学的根拠はないことを紹介した本。

 昨年には、世界的権威のある医学論文雑誌に「がん検診を受けても寿命が延びる医学的根拠は一切ない」という論文が掲載されたという。それどころか、「がん検診」には過剰診療のリスクがつきまとい、米国では検診で見つかった乳がんの3分の1は過剰診断だとする医学論文すらあるという。がん検診はいまや一大産業であり、乳がんや前立腺がんの過剰診断の害に気づいている日本人医師も増えてはいるが、それを口にするには勇気がいる。彼らが言いづらい「がん検診」の真実を語っている。著者は、週刊文春の医療担当記者だ。(宝島社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る