「がん検診を信じるな『早期発見・早期治療』のウソ」鳥集徹著

公開日: 更新日:

 芸能人ががんになるたびに強調される「早期発見・早期治療」だが、それによって寿命が延びるという科学的根拠はないことを紹介した本。

 昨年には、世界的権威のある医学論文雑誌に「がん検診を受けても寿命が延びる医学的根拠は一切ない」という論文が掲載されたという。それどころか、「がん検診」には過剰診療のリスクがつきまとい、米国では検診で見つかった乳がんの3分の1は過剰診断だとする医学論文すらあるという。がん検診はいまや一大産業であり、乳がんや前立腺がんの過剰診断の害に気づいている日本人医師も増えてはいるが、それを口にするには勇気がいる。彼らが言いづらい「がん検診」の真実を語っている。著者は、週刊文春の医療担当記者だ。(宝島社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る