• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「がん検診を信じるな『早期発見・早期治療』のウソ」鳥集徹著

 芸能人ががんになるたびに強調される「早期発見・早期治療」だが、それによって寿命が延びるという科学的根拠はないことを紹介した本。

 昨年には、世界的権威のある医学論文雑誌に「がん検診を受けても寿命が延びる医学的根拠は一切ない」という論文が掲載されたという。それどころか、「がん検診」には過剰診療のリスクがつきまとい、米国では検診で見つかった乳がんの3分の1は過剰診断だとする医学論文すらあるという。がん検診はいまや一大産業であり、乳がんや前立腺がんの過剰診断の害に気づいている日本人医師も増えてはいるが、それを口にするには勇気がいる。彼らが言いづらい「がん検診」の真実を語っている。著者は、週刊文春の医療担当記者だ。(宝島社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る