「間取りと妄想」大竹昭子著

公開日:

 不動産屋の窓に並ぶさまざまな間取り図や、広告のチラシに描かれた家の間取り図がふと目に入り、そこに住んだらどんな生活を送ることになるのだろうと、つい考えてしまうことはないだろうか。

 そんなさまざまな間取りから想起される、妄想のような物語が収録されているのが本書だ。

 たとえば、ぺナント形の旗竿地に建てられた三角形の住まい。玄関を開けるとまるでトンネルのような廊下が真っすぐ延びている。下に川が流れているので、廊下が橋の役割をも担っているという変わり種。

 巻頭の「船の舳先にいるような」では、そんな変形地に引かれ、夢中になって図面を引いた主人公の高揚した気持ちが伝わってくる。ほかにも、左右対称の家に住む双子の話「ふたごの家」、窓の位置が思わぬ波紋を呼ぶ2世帯住宅を描いた「浴室と柿の木」など、全13編の短編小説が間取りとともに収録されている。

 物語を読みつつ、それぞれの風変わりな間取りを何度も確認したくなること必至。(亜紀書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る