「間取りと妄想」大竹昭子著

公開日: 更新日:

 不動産屋の窓に並ぶさまざまな間取り図や、広告のチラシに描かれた家の間取り図がふと目に入り、そこに住んだらどんな生活を送ることになるのだろうと、つい考えてしまうことはないだろうか。

 そんなさまざまな間取りから想起される、妄想のような物語が収録されているのが本書だ。

 たとえば、ぺナント形の旗竿地に建てられた三角形の住まい。玄関を開けるとまるでトンネルのような廊下が真っすぐ延びている。下に川が流れているので、廊下が橋の役割をも担っているという変わり種。

 巻頭の「船の舳先にいるような」では、そんな変形地に引かれ、夢中になって図面を引いた主人公の高揚した気持ちが伝わってくる。ほかにも、左右対称の家に住む双子の話「ふたごの家」、窓の位置が思わぬ波紋を呼ぶ2世帯住宅を描いた「浴室と柿の木」など、全13編の短編小説が間取りとともに収録されている。

 物語を読みつつ、それぞれの風変わりな間取りを何度も確認したくなること必至。(亜紀書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る