• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「王法・仏法の破滅―応仁の乱」石ノ森章太郎著

 ややこしい応仁の乱の概略を苦もなく理解するのにお薦めなのは、漫画界の巨匠が長大な日本の歴史を描いた学習漫画シリーズの一冊である本書。

 本書では、将軍家の継嗣問題をさかのぼること6年、いったんは収束した畠山家の内紛が、義政の家督介入でこじれ、1460年に戦が勃発したところから始まる。反旗を翻した畠山義就と幕府軍との戦は3年続いた。以降も、山城守護を巡る畠山政長と義就との確執は、山名宗全や細川勝元が表舞台から消えた後も、通奏低音のように大乱の終盤までもつれる。

 そうした畠山家の内紛の経緯や、飢饉や長引く争いに嫌気がさした民衆による土一揆などのサイドストーリーも交え、ポイントを押さえたマンガならではの描写と構成で、歴史の理解に一役買ってくれる。(中央公論新社 524円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る