「王法・仏法の破滅―応仁の乱」石ノ森章太郎著

公開日:

 ややこしい応仁の乱の概略を苦もなく理解するのにお薦めなのは、漫画界の巨匠が長大な日本の歴史を描いた学習漫画シリーズの一冊である本書。

 本書では、将軍家の継嗣問題をさかのぼること6年、いったんは収束した畠山家の内紛が、義政の家督介入でこじれ、1460年に戦が勃発したところから始まる。反旗を翻した畠山義就と幕府軍との戦は3年続いた。以降も、山城守護を巡る畠山政長と義就との確執は、山名宗全や細川勝元が表舞台から消えた後も、通奏低音のように大乱の終盤までもつれる。

 そうした畠山家の内紛の経緯や、飢饉や長引く争いに嫌気がさした民衆による土一揆などのサイドストーリーも交え、ポイントを押さえたマンガならではの描写と構成で、歴史の理解に一役買ってくれる。(中央公論新社 524円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る