「2020年までに世界大恐慌 その後、通貨は全て紙キレに(上・下)」浅井隆著

公開日: 更新日:

 トランプ大統領は、減税してインフラを構築すると述べる一方で、貿易摩擦に関しては戦うと発言している。もし実行されれば世界的に問題を生じさせるのは必至。第2次世界大戦前に貿易摩擦から通貨危機が起こったように、戦争のきっかけになりかねない。

 一方、日本は史上初の人口減少、高齢化社会を迎え、莫大な負債にあえいでいる。アベノミクスと日銀大規模緩和という壮大なばらまきがもたらした超低金利などで微妙なバランスを保っているが、ひとたび金利の上昇が起これば、利払い負担の急増で財政運営は一気に窮地に陥る。実際、アメリカやイギリスではじわじわと上昇傾向で、今後、世界的に金利上昇傾向が強まれば日本はもちろん、世界には「未曽有の金融緩和の後始末」が待ち受けるという。

 世界3大投資家の1人ジム・ロジャースによる世界経済への警告書。(第二海援隊 上1400円+税 下1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る