「2020年までに世界大恐慌 その後、通貨は全て紙キレに(上・下)」浅井隆著

公開日:

 トランプ大統領は、減税してインフラを構築すると述べる一方で、貿易摩擦に関しては戦うと発言している。もし実行されれば世界的に問題を生じさせるのは必至。第2次世界大戦前に貿易摩擦から通貨危機が起こったように、戦争のきっかけになりかねない。

 一方、日本は史上初の人口減少、高齢化社会を迎え、莫大な負債にあえいでいる。アベノミクスと日銀大規模緩和という壮大なばらまきがもたらした超低金利などで微妙なバランスを保っているが、ひとたび金利の上昇が起これば、利払い負担の急増で財政運営は一気に窮地に陥る。実際、アメリカやイギリスではじわじわと上昇傾向で、今後、世界的に金利上昇傾向が強まれば日本はもちろん、世界には「未曽有の金融緩和の後始末」が待ち受けるという。

 世界3大投資家の1人ジム・ロジャースによる世界経済への警告書。(第二海援隊 上1400円+税 下1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る