• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「職業『民間警察』」佐々木保博著

 元刑事の著者は、その経験を生かし、警察が介入できない事件の被害者の救済に尽力してきた。本書は、これまで取り扱ったトラブルのてんまつをリポートした事件簿。

 ある部品工場の役員から持ち込まれた相談は、メーカーに納品する完成品ボックスの中に使用済みの女性の下着などのゴミが混入していたというもの。状況から従業員の仕業と思われ、表沙汰にしたくないという役員の意向で著者が調査に乗り出す。犯人を割り出し、自主退社に追い込むまでのその経緯をはじめ、ストーカーや夫の浮気など男女の問題、ネットに嫌がらせ動画を載せた犯人の特定、暴力団との関係を暴露すると脅された俳優の代理人、探偵事務所にも手が負えない人捜しなど8案件を取り上げる。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る