「職業『民間警察』」佐々木保博著

公開日:  更新日:

 元刑事の著者は、その経験を生かし、警察が介入できない事件の被害者の救済に尽力してきた。本書は、これまで取り扱ったトラブルのてんまつをリポートした事件簿。

 ある部品工場の役員から持ち込まれた相談は、メーカーに納品する完成品ボックスの中に使用済みの女性の下着などのゴミが混入していたというもの。状況から従業員の仕業と思われ、表沙汰にしたくないという役員の意向で著者が調査に乗り出す。犯人を割り出し、自主退社に追い込むまでのその経緯をはじめ、ストーカーや夫の浮気など男女の問題、ネットに嫌がらせ動画を載せた犯人の特定、暴力団との関係を暴露すると脅された俳優の代理人、探偵事務所にも手が負えない人捜しなど8案件を取り上げる。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る