「職業『民間警察』」佐々木保博著

公開日: 更新日:

 元刑事の著者は、その経験を生かし、警察が介入できない事件の被害者の救済に尽力してきた。本書は、これまで取り扱ったトラブルのてんまつをリポートした事件簿。

 ある部品工場の役員から持ち込まれた相談は、メーカーに納品する完成品ボックスの中に使用済みの女性の下着などのゴミが混入していたというもの。状況から従業員の仕業と思われ、表沙汰にしたくないという役員の意向で著者が調査に乗り出す。犯人を割り出し、自主退社に追い込むまでのその経緯をはじめ、ストーカーや夫の浮気など男女の問題、ネットに嫌がらせ動画を載せた犯人の特定、暴力団との関係を暴露すると脅された俳優の代理人、探偵事務所にも手が負えない人捜しなど8案件を取り上げる。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る

人気キーワード