• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「職業『民間警察』」佐々木保博著

 元刑事の著者は、その経験を生かし、警察が介入できない事件の被害者の救済に尽力してきた。本書は、これまで取り扱ったトラブルのてんまつをリポートした事件簿。

 ある部品工場の役員から持ち込まれた相談は、メーカーに納品する完成品ボックスの中に使用済みの女性の下着などのゴミが混入していたというもの。状況から従業員の仕業と思われ、表沙汰にしたくないという役員の意向で著者が調査に乗り出す。犯人を割り出し、自主退社に追い込むまでのその経緯をはじめ、ストーカーや夫の浮気など男女の問題、ネットに嫌がらせ動画を載せた犯人の特定、暴力団との関係を暴露すると脅された俳優の代理人、探偵事務所にも手が負えない人捜しなど8案件を取り上げる。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る