• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マル暴捜査」今井良著

 暴力団の壊滅を目指す、警視庁の組織犯罪対策部、通称「組対(ソタイ)」の捜査の最前線を取材したリポート。

 暴力団犯罪などに対処するため、警視庁は2003年に組織を改編して、1000人近い要員をつぎ込んで組対を設置。暴力団対策法の副作用によって従来の暴力団捜査が通用しなくなるとともに、激増する外国人犯罪への対処がその背景にあったという。その組織の概要から、プロ野球の選手が逮捕された野球賭博事件や暴力団の新たなビジネスモデルとなった療養費の不正請求事件、そして特殊詐欺事件などの組対4課の捜査の実際を紹介。さらに薬物使用で元プロ野球選手を逮捕した組対5課の現場など、全国の暴力団捜査の先頭を走る集団の素顔に迫る。(新潮社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る