「マル暴捜査」今井良著

公開日:

 暴力団の壊滅を目指す、警視庁の組織犯罪対策部、通称「組対(ソタイ)」の捜査の最前線を取材したリポート。

 暴力団犯罪などに対処するため、警視庁は2003年に組織を改編して、1000人近い要員をつぎ込んで組対を設置。暴力団対策法の副作用によって従来の暴力団捜査が通用しなくなるとともに、激増する外国人犯罪への対処がその背景にあったという。その組織の概要から、プロ野球の選手が逮捕された野球賭博事件や暴力団の新たなビジネスモデルとなった療養費の不正請求事件、そして特殊詐欺事件などの組対4課の捜査の実際を紹介。さらに薬物使用で元プロ野球選手を逮捕した組対5課の現場など、全国の暴力団捜査の先頭を走る集団の素顔に迫る。(新潮社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る