「マル暴捜査」今井良著

公開日: 更新日:

 暴力団の壊滅を目指す、警視庁の組織犯罪対策部、通称「組対(ソタイ)」の捜査の最前線を取材したリポート。

 暴力団犯罪などに対処するため、警視庁は2003年に組織を改編して、1000人近い要員をつぎ込んで組対を設置。暴力団対策法の副作用によって従来の暴力団捜査が通用しなくなるとともに、激増する外国人犯罪への対処がその背景にあったという。その組織の概要から、プロ野球の選手が逮捕された野球賭博事件や暴力団の新たなビジネスモデルとなった療養費の不正請求事件、そして特殊詐欺事件などの組対4課の捜査の実際を紹介。さらに薬物使用で元プロ野球選手を逮捕した組対5課の現場など、全国の暴力団捜査の先頭を走る集団の素顔に迫る。(新潮社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る