「『宇宙戦艦ヤマト』の真実」豊田有恒著

公開日: 更新日:

 日本発の宇宙アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズのSF設定を担当した著者が、不朽の名作誕生の舞台裏を明かしたノンフィクション。

 草創期から日本のアニメに携わってきたSF作家の著者は、知人からヤマトのプロデューサーとなる西崎義展を紹介される。西崎の“アメリカのSF作家ハインラインの「地球脱出」みたいなSFアニメを作りたい”との言葉が著者を動かす。

 究極の公害としての地球規模の放射能汚染という設定が生まれた当時の時代背景や、物語を作り出すために援用した「西遊記」の枠組み、テレビ放映時には不評だった作品がブームとなったきっかけなど、多くの秘話を交えながら、不朽の名作誕生までの紆余曲折を明かす。

(祥伝社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る