「重力波 発見!」高橋真理子著

公開日: 更新日:

 1916年にアインシュタインは一般相対論の論文の中で、重力波の存在を予言した。

 重力波とは「時空の歪み」を伝える波で、重力波を解明できれば宇宙の成り立ちが理解できる。だが、重力波の検出法は見つからない。

 79年、アメリカで重力波を検出できる干渉計(LIGO)の実験がスタートし、2004年に東大の研究者、河邊径太が参加する。10年に重力波らしい信号をキャッチするが、それは偽信号だった。LIGOのグレードアップの工事後の15年、ならし運転のさなかに理論予想にどんぴしゃりの信号が! あらゆる検証を経て、翌年「重力波発見」が宣言されたのだった。

 重力波と時空間の本質を分かりやすく説明する。

 (新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る