「生命を支える ATPエネルギー」二井將光著

公開日:  更新日:

 体内でエネルギーに関わるメカニズムが破綻するとさまざまな病気が表れる。では、体内のエネルギーはどのようなシステムでつくられ、それはどのように使われているのか? これを解説している。「エネルギー通貨」である「ATP」は受精卵からヒトへと成長するにあたり繰り返し行われる細胞分裂と機能分化をはじめ、筋肉の収縮や細胞内の小器官の運動、ナトリウム、カリウム、カルシウム、水素などのイオンの輸送にも使われている。その重要性と共にATPをつくる酵素の実態を紹介してくれる。精密機械のように複雑で正確なエネルギーシステムが人間の健康を支えていることがわかる。さまざまな図表を使って工夫している。人間のカラダを理解するには良い本だがやや難解。高校の授業で生物が好きだった、あるいは大学で勉強した、という人向きかも。

(講談社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る