「生命を支える ATPエネルギー」二井將光著

公開日:  更新日:

 体内でエネルギーに関わるメカニズムが破綻するとさまざまな病気が表れる。では、体内のエネルギーはどのようなシステムでつくられ、それはどのように使われているのか? これを解説している。「エネルギー通貨」である「ATP」は受精卵からヒトへと成長するにあたり繰り返し行われる細胞分裂と機能分化をはじめ、筋肉の収縮や細胞内の小器官の運動、ナトリウム、カリウム、カルシウム、水素などのイオンの輸送にも使われている。その重要性と共にATPをつくる酵素の実態を紹介してくれる。精密機械のように複雑で正確なエネルギーシステムが人間の健康を支えていることがわかる。さまざまな図表を使って工夫している。人間のカラダを理解するには良い本だがやや難解。高校の授業で生物が好きだった、あるいは大学で勉強した、という人向きかも。

(講談社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る