「生命を支える ATPエネルギー」二井將光著

公開日: 更新日:

 体内でエネルギーに関わるメカニズムが破綻するとさまざまな病気が表れる。では、体内のエネルギーはどのようなシステムでつくられ、それはどのように使われているのか? これを解説している。「エネルギー通貨」である「ATP」は受精卵からヒトへと成長するにあたり繰り返し行われる細胞分裂と機能分化をはじめ、筋肉の収縮や細胞内の小器官の運動、ナトリウム、カリウム、カルシウム、水素などのイオンの輸送にも使われている。その重要性と共にATPをつくる酵素の実態を紹介してくれる。精密機械のように複雑で正確なエネルギーシステムが人間の健康を支えていることがわかる。さまざまな図表を使って工夫している。人間のカラダを理解するには良い本だがやや難解。高校の授業で生物が好きだった、あるいは大学で勉強した、という人向きかも。

(講談社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード