「生命を支える ATPエネルギー」二井將光著

公開日: 更新日:

 体内でエネルギーに関わるメカニズムが破綻するとさまざまな病気が表れる。では、体内のエネルギーはどのようなシステムでつくられ、それはどのように使われているのか? これを解説している。「エネルギー通貨」である「ATP」は受精卵からヒトへと成長するにあたり繰り返し行われる細胞分裂と機能分化をはじめ、筋肉の収縮や細胞内の小器官の運動、ナトリウム、カリウム、カルシウム、水素などのイオンの輸送にも使われている。その重要性と共にATPをつくる酵素の実態を紹介してくれる。精密機械のように複雑で正確なエネルギーシステムが人間の健康を支えていることがわかる。さまざまな図表を使って工夫している。人間のカラダを理解するには良い本だがやや難解。高校の授業で生物が好きだった、あるいは大学で勉強した、という人向きかも。

(講談社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る