「法廷弁論」加茂隆康著

公開日:  更新日:

 弁護士の水戸裕介の事務所に刑事が訪ねてきた。日英法科大学法科大学院教授の平手理沙子の死体が江東区の運河で発見されたが、遺品の手帳に「密告の件、水戸Lへ」と書いた付箋が貼られていたという。だが、水戸には心当たりがない。事務所の先輩・狩田に、売れっ子の弁護士・丘野ヒロ子が「意見書」の作成を依頼に来た。丘野は依頼人が弁護士会に懲戒請求をしたため、業務停止6カ月の処分を受けて、日弁連に審査請求をしようとしていた。そんな丘野に平手教授殺害の嫌疑がかけられた。教授が殺された日に会っていたのだが、やがて、平手の夫と不倫関係にあったことが発覚して逮捕される。

 若手弁護士が法曹界の犯罪に立ち向かうリーガルサスペンス。

 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る