「法廷弁論」加茂隆康著

公開日: 更新日:

 弁護士の水戸裕介の事務所に刑事が訪ねてきた。日英法科大学法科大学院教授の平手理沙子の死体が江東区の運河で発見されたが、遺品の手帳に「密告の件、水戸Lへ」と書いた付箋が貼られていたという。だが、水戸には心当たりがない。事務所の先輩・狩田に、売れっ子の弁護士・丘野ヒロ子が「意見書」の作成を依頼に来た。丘野は依頼人が弁護士会に懲戒請求をしたため、業務停止6カ月の処分を受けて、日弁連に審査請求をしようとしていた。そんな丘野に平手教授殺害の嫌疑がかけられた。教授が殺された日に会っていたのだが、やがて、平手の夫と不倫関係にあったことが発覚して逮捕される。

 若手弁護士が法曹界の犯罪に立ち向かうリーガルサスペンス。

 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る