• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「感染領域」くろきすがや著

 植物病理学者の安藤は、師である山際教授の指示でゼミの後輩で農水省に勤務する里中と九州に向かう。九州各地のトマト農家で葉や茎が赤色化する原因不明の病変が発生し、その原因を調べるための調査を依頼されたのだ。

 検体を持ち帰った安藤は、友人で世界最高の技術を誇るバイオハッカーのモモちゃんに病原体の特定を依頼する。数日後、安藤は九州出張で延期したミーティングのため、つくばにある種苗メーカーの研究所を訪ねる。しかし、研究所は警察によって封鎖されていた。聞くと、安藤の友人で新種のトマトを研究していた所員の倉内の遺体が実験室で見つかったという。

「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞したバイオサスペンス。

(宝島社 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る