「感染領域」くろきすがや著

公開日:  更新日:

 植物病理学者の安藤は、師である山際教授の指示でゼミの後輩で農水省に勤務する里中と九州に向かう。九州各地のトマト農家で葉や茎が赤色化する原因不明の病変が発生し、その原因を調べるための調査を依頼されたのだ。

 検体を持ち帰った安藤は、友人で世界最高の技術を誇るバイオハッカーのモモちゃんに病原体の特定を依頼する。数日後、安藤は九州出張で延期したミーティングのため、つくばにある種苗メーカーの研究所を訪ねる。しかし、研究所は警察によって封鎖されていた。聞くと、安藤の友人で新種のトマトを研究していた所員の倉内の遺体が実験室で見つかったという。

「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞したバイオサスペンス。

(宝島社 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る