• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「感染領域」くろきすがや著

 植物病理学者の安藤は、師である山際教授の指示でゼミの後輩で農水省に勤務する里中と九州に向かう。九州各地のトマト農家で葉や茎が赤色化する原因不明の病変が発生し、その原因を調べるための調査を依頼されたのだ。

 検体を持ち帰った安藤は、友人で世界最高の技術を誇るバイオハッカーのモモちゃんに病原体の特定を依頼する。数日後、安藤は九州出張で延期したミーティングのため、つくばにある種苗メーカーの研究所を訪ねる。しかし、研究所は警察によって封鎖されていた。聞くと、安藤の友人で新種のトマトを研究していた所員の倉内の遺体が実験室で見つかったという。

「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞を受賞したバイオサスペンス。

(宝島社 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る