「アポロンの嘲笑」中山七里著

公開日:  更新日:

 4日前に起きた大地震と福島原発事故の混乱が続く中、福島県石川郡平田村の民家で殺人事件が発生。所轄署の刑事・仁科は、駐在所の巡査が逮捕した犯人を引き取りに現場に向かう。

 被害者の金城と加害者の加瀬はともに原発の作業員で、この夜、加瀬が金城の妹との結婚を両親に申し込んだところ、急に金城が怒り出したという。金城が持ち出した包丁を奪い合っているうちに金城の腹に刺さってしまったらしい。連行中、激しい余震に襲われパトカーが立ち往生、仁科らのスキをついて加瀬が逃亡する。県警も加わった捜査本部で仁科は見慣れぬ2人組に不審を抱く。2人は東京からきた公安刑事だった。

 東日本大震災直後の福島を舞台に描く長編社会派サスペンス。

 (集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る