• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アポロンの嘲笑」中山七里著

 4日前に起きた大地震と福島原発事故の混乱が続く中、福島県石川郡平田村の民家で殺人事件が発生。所轄署の刑事・仁科は、駐在所の巡査が逮捕した犯人を引き取りに現場に向かう。

 被害者の金城と加害者の加瀬はともに原発の作業員で、この夜、加瀬が金城の妹との結婚を両親に申し込んだところ、急に金城が怒り出したという。金城が持ち出した包丁を奪い合っているうちに金城の腹に刺さってしまったらしい。連行中、激しい余震に襲われパトカーが立ち往生、仁科らのスキをついて加瀬が逃亡する。県警も加わった捜査本部で仁科は見慣れぬ2人組に不審を抱く。2人は東京からきた公安刑事だった。

 東日本大震災直後の福島を舞台に描く長編社会派サスペンス。

 (集英社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る