「酒場っ子」パリッコ著

公開日:  更新日:

 知らない町の外観からはメニューも値段もうかがい知れないような古い大衆酒場を愛する著者による酒場探訪エッセー。

 初めて降りた京王線・笹塚駅の住宅街で見つけた焼き鳥屋「井口」。まずは「あっさりキャベツ」でホッピーを飲みながらメニューを吟味。注文した限定品らしき「白レバー焼き」(380円)の未体験の味と食感に脳天を撃ち抜かれたような衝撃を受ける。基本の焼き鳥も一本の串の中に味わいの変化が生まれるように工夫され、期待以上の店だった。

 その他、大衆酒場の奥深さを教えてくれた高円寺「大将」、90歳の看板娘のヤエさんが調理してくれる吉祥寺の「まるけん食堂」、究極の湯上がりの一杯が楽しめる食堂併設の中村橋「貫井浴場」など40店を飲み歩く。

(スタンド・ブックス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る