「酒場っ子」パリッコ著

公開日: 更新日:

 知らない町の外観からはメニューも値段もうかがい知れないような古い大衆酒場を愛する著者による酒場探訪エッセー。

 初めて降りた京王線・笹塚駅の住宅街で見つけた焼き鳥屋「井口」。まずは「あっさりキャベツ」でホッピーを飲みながらメニューを吟味。注文した限定品らしき「白レバー焼き」(380円)の未体験の味と食感に脳天を撃ち抜かれたような衝撃を受ける。基本の焼き鳥も一本の串の中に味わいの変化が生まれるように工夫され、期待以上の店だった。

 その他、大衆酒場の奥深さを教えてくれた高円寺「大将」、90歳の看板娘のヤエさんが調理してくれる吉祥寺の「まるけん食堂」、究極の湯上がりの一杯が楽しめる食堂併設の中村橋「貫井浴場」など40店を飲み歩く。

(スタンド・ブックス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る