• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「酒場っ子」パリッコ著

 知らない町の外観からはメニューも値段もうかがい知れないような古い大衆酒場を愛する著者による酒場探訪エッセー。

 初めて降りた京王線・笹塚駅の住宅街で見つけた焼き鳥屋「井口」。まずは「あっさりキャベツ」でホッピーを飲みながらメニューを吟味。注文した限定品らしき「白レバー焼き」(380円)の未体験の味と食感に脳天を撃ち抜かれたような衝撃を受ける。基本の焼き鳥も一本の串の中に味わいの変化が生まれるように工夫され、期待以上の店だった。

 その他、大衆酒場の奥深さを教えてくれた高円寺「大将」、90歳の看板娘のヤエさんが調理してくれる吉祥寺の「まるけん食堂」、究極の湯上がりの一杯が楽しめる食堂併設の中村橋「貫井浴場」など40店を飲み歩く。

(スタンド・ブックス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る