• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ニッポンぶらり旅山の宿のひとり酒」太田和彦著

 全国各地の酒場を訪ね歩く人気紀行エッセーシリーズ完結編。

 東京の良さは奥多摩の渓谷にありという。冬の間、都会の居酒屋ばかりにたむろしていた心身を清めるため、早春の野山を歩こうと御岳山・御嶽神社参りへ。ケーブルカーで高低差423メートルをのぼる。日本武尊がめでたという巨樹や、山頂の神社のこま犬など、興味のおもむくままに散策。山を下って、美術館などに立ち寄りながら、日帰りもできるが、旅はその地で一晩眠るのが大切と、「かんぽの宿 青梅」へ。そして今宵は、居酒屋ではなく、山宿でひとり酒を楽しむ。部屋で繰り広げられるひとり酒宴の描写に喉が鳴る。

 その他、高山や一関など、達人が旅情と酒を求めて旅をする。(集英社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る