「ニッポンぶらり旅山の宿のひとり酒」太田和彦著

公開日:

 全国各地の酒場を訪ね歩く人気紀行エッセーシリーズ完結編。

 東京の良さは奥多摩の渓谷にありという。冬の間、都会の居酒屋ばかりにたむろしていた心身を清めるため、早春の野山を歩こうと御岳山・御嶽神社参りへ。ケーブルカーで高低差423メートルをのぼる。日本武尊がめでたという巨樹や、山頂の神社のこま犬など、興味のおもむくままに散策。山を下って、美術館などに立ち寄りながら、日帰りもできるが、旅はその地で一晩眠るのが大切と、「かんぽの宿 青梅」へ。そして今宵は、居酒屋ではなく、山宿でひとり酒を楽しむ。部屋で繰り広げられるひとり酒宴の描写に喉が鳴る。

 その他、高山や一関など、達人が旅情と酒を求めて旅をする。(集英社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る