「晩酌百景」パリッコ著

公開日: 更新日:

 酒好きが高じ、酒場ライターになった著者。中でも晩酌に無上の喜びを感じるという。

 本書は11人の酒好き著名人と、興味のおもむくままに酒へのこだわりから晩酌観までを語り合った対談集。

 アイドルからソロ活動に転じた今野亜美。27歳にして、黒ホッピー好き。居酒屋ではチェーン店から知らないと入りづらい濃~い店までどんどん進出。一方晩酌では、「キンミヤホッピー」の大を静かに一人飲みするという。「飲み終わったホッピーの瓶を酒屋さんに返しに行くまでが私の晩酌」と語る言葉には酒への愛があふれている。

 息子が役者や監督を目指しているという河相我聞は、他の人とは違う経験、ものの見方が必要だとして彼をキャバクラに誘ったという。もっとも断られてばかりだというが。(シンコーミュージック・エンタテイメント 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る