「晩酌百景」パリッコ著

公開日:

 酒好きが高じ、酒場ライターになった著者。中でも晩酌に無上の喜びを感じるという。

 本書は11人の酒好き著名人と、興味のおもむくままに酒へのこだわりから晩酌観までを語り合った対談集。

 アイドルからソロ活動に転じた今野亜美。27歳にして、黒ホッピー好き。居酒屋ではチェーン店から知らないと入りづらい濃~い店までどんどん進出。一方晩酌では、「キンミヤホッピー」の大を静かに一人飲みするという。「飲み終わったホッピーの瓶を酒屋さんに返しに行くまでが私の晩酌」と語る言葉には酒への愛があふれている。

 息子が役者や監督を目指しているという河相我聞は、他の人とは違う経験、ものの見方が必要だとして彼をキャバクラに誘ったという。もっとも断られてばかりだというが。(シンコーミュージック・エンタテイメント 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る