「酒は人の上に人を造らず」吉田類著

公開日:  更新日:

 テレビでおなじみの酒場詩人が、各地を訪ね歩く紀行エッセー。

 ここ数年、生まれ故郷の高知で酒を飲む機会が増えたという。酒場で見ず知らずの客と乾杯し、すぐその場に馴染んでしまうのは、土佐流の独特の飲酒習慣によって培われたと改めて思う。土佐人の酒宴好きは、平安時代の歌人・紀貫之の「土佐日記」からも読み取れる。その高知で父親と娘姉妹が営む居酒屋での一夜、その脳裏にはハチキンと呼ばれる高知出身のたくましい女性たちとの思い出がよみがえる。

 その他、桜が満開の京都から戻った翌朝、高尾山の山中で見知らぬ人から誘われて加わった草上の酒宴、多摩川の河川敷の茶店をはじめさまざまな店の名物女将など、酒が結ぶ人との出会いをつづる。(中央公論新社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る