「おじさん酒場」山田真由美著 なかむらるみ絵

公開日: 更新日:

 著者は渋谷の大衆立ち飲み酒場「冨士屋本店」で友人と飲んでいたとき、勤め人風のおじさんに声をかけられた。おじさんは18歳だった昭和46年からこの店に通っている。「大学生だったから、安くて腹いっぱいになって酒が飲める店はありがたかったなあ」。途中、水割り1杯で1万円くらい取る飲み屋の女に入れあげたときもあったが、目が覚めて戻ってきたという。「お先に」と店を出る頃、「出会いは絶景である」という、俳人・永田耕衣の言葉を思い出した。

 ほかに、不登校になりかけた生徒と校庭の片隅で作ったナスをくれた名門高校教師のおじさんなど、「そこに居るだけで店のおさまりがよくなるおじさん」の居る居酒屋25軒にご案内。

(亜紀書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード