「いつでも背骨」吉田始史著

公開日: 更新日:

 元看護師であり、現在は道場で合気道や空手道の指導を行いながら高齢者のデイサービス施設を運営する著者が、姿勢の重要性と正しい姿勢の保ち方を説く。

 著者が運営する施設には、長年にわたり猫背の姿勢であったため胸の筋肉や肋骨が動かず硬くなっている高齢者が少なくないという。すると、呼吸が極めて浅くなり、常に息苦しい状態が続き、血流や内臓の圧迫なども避けられなくなる。

 さらに、首が前に出た状態で固定されてしまうことで嚥下困難が生じたり、脊髄が圧迫されているケースもある。全身の筋肉のバランスも崩れて転倒しやすいなど、高齢者にとっては致命傷にもなりかねない状態を、姿勢の悪さが招いているという。

 自分が正しい姿勢を取れているかは、壁を背に立ち、後頭部・背中(肩甲骨の間)・臀部・かかとの4点が自然に壁につくかを確かめることで分かる。これができない場合は、今すぐに正しい姿勢を取り戻す努力を始めよう。

 まずは直立し、股関節を締め、尾骨を正面に向けるようにして骨盤を正しい位置に“立たせる”。感覚が分からない場合は、“うんこを我慢する姿勢”と考えればいいと著者。お尻の筋肉が締まり、骨盤が立った姿勢になるはずだ。次に肩甲骨を腰に押し付ける感覚で下げ、首全体を後ろに下げるイメージで顎を引く。立っているときにこの姿勢を意識することで、徐々に正しい姿勢が身についてくるはずだ。

(BABジャパン 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る