ワクワク感が起これば幸福寿命が延びる

公開日: 更新日:

「幸福寿命」伊藤裕著

 日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳。最近では、健康上の問題がない状態で社会的に独立して日常生活を送ることのできる「健康寿命」にも注目が集まっている。

 そして、医師である著者が新たに提案するのが「幸福寿命」を延ばすことだ。幸せを感じることなく長生きするのは苦痛なもの。世界トップクラスの長寿国である日本では、幸せを感じながら生きる幸福寿命を延ばすことが重要であり、その鍵を握るのがホルモンであると本書。私たちの体の中で活躍するさまざまなホルモンたちの役割と、分泌を促すための生活習慣について解説している。

 ホルモンの本来の働きは、ホルモンが働く「細胞」を「興奮」させること。細胞同士の興奮によって臓器全体が活発になり、体全体を元気にしてくれる。私たちが何かを期待したとき“ワクワク感”が湧き起こってくるが、これはホルモンによる働き。ホルモン分泌を活発にすることこそが、幸福寿命を延ばすことにつながるわけだ。

 欲望の源泉ホルモンであるドーパミンやアドレナリンは、ここ一番というときに力を発揮する頼もしい存在だが、常に攻撃的でいては心身が疲弊してしまう。そこで好敵手となるのがセロトニン。心と体を安らかにし別名、幸せホルモンとも呼ばれている。分泌を促すには、原料となる乳製品や豆類、ナッツ類などを積極的に取りたい。体の中でセロトニンを最も多く作り出す腸の環境を整えるため、食物繊維をしっかりと取ることもお勧めだ。

 (朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る

人気キーワード