「健康という病」五木寛之著

公開日: 更新日:

 著者は、敗戦後70年あまり歯科以外の病院の世話になったことがなく、検査なども一切せず、自らの体が発する声に耳を澄ませながら養生を心がけてきた(つい最近、左脚の痛みによって戦後初めて病院に行ったそうだが)。その著者からすると、いまの日本は〈健康という病〉が蔓延しているように見えるという。

 たしかに新聞・雑誌、テレビ・ラジオなどで連日多種多様な健康情報が流されている。こうした情報の氾濫により、健康に対する関心は高められるが、その情報自体がストレスになるという逆説も生まれる。

 しかも専門家によって正反対の健康法を勧める場合も多い。たとえば、寝る姿勢は横臥位がいいという人と、あおむけが最適だという人。一時期は諸悪の根源のようにいわれていたメタボだが、最近では痩せているより小太りの方が長生きするといわれ始めている。

 肝心なのは、「完全な健康」という幻想にとらわれて情報に振り回されず、病と上手に付き合っていくこと。それが「人生100年時代」を生きていく新しい健康法なのだ、と。(幻冬舎 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る