「健康という病」五木寛之著

公開日: 更新日:

 著者は、敗戦後70年あまり歯科以外の病院の世話になったことがなく、検査なども一切せず、自らの体が発する声に耳を澄ませながら養生を心がけてきた(つい最近、左脚の痛みによって戦後初めて病院に行ったそうだが)。その著者からすると、いまの日本は〈健康という病〉が蔓延しているように見えるという。

 たしかに新聞・雑誌、テレビ・ラジオなどで連日多種多様な健康情報が流されている。こうした情報の氾濫により、健康に対する関心は高められるが、その情報自体がストレスになるという逆説も生まれる。

 しかも専門家によって正反対の健康法を勧める場合も多い。たとえば、寝る姿勢は横臥位がいいという人と、あおむけが最適だという人。一時期は諸悪の根源のようにいわれていたメタボだが、最近では痩せているより小太りの方が長生きするといわれ始めている。

 肝心なのは、「完全な健康」という幻想にとらわれて情報に振り回されず、病と上手に付き合っていくこと。それが「人生100年時代」を生きていく新しい健康法なのだ、と。(幻冬舎 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る