4週間で猫背を解消し仕事のパフォーマンスを上げる

公開日:  更新日:

「超「姿勢」力」ZERO GYM著、重森健太監修

 仕事で最高のパフォーマンスを発揮すべく、4週間で猫背を矯正する方法を伝授する本書。“たかが姿勢”でと思うかもしれないが、姿勢が悪いだけで人間の体にはさまざまな負担がかかり、集中力や判断力、思考力などが著しく低下するという。そこで、ビジネスパーソンのための疲労回復専用ジム「ZERO GYM」のプログラムから、自宅でも簡単に取り組めるトレーニングを選りすぐりで紹介していく。

 背中を丸めて前かがみになる猫背の姿勢では、胸が圧迫されて呼吸が浅くなり、血流も滞って体内の酸素供給量が低下する。当然、脳機能は低下し、疲労物質の蓄積も進み、「眠っても疲れが取れない」「いまひとつやる気が起きない」などメンタル面にも悪影響を及ぼす。

 猫背の方が体が楽という人もいるだろう。しかし、それはすでに筋肉や骨が歪んでいることの証し。正しい姿勢を手に入れるには、腹筋や背筋を鍛えるよりも、体の「ほぐし」と「ポジションリセット」が有効だ。

 本書では、毎日変わる4週間分のトレーニング法を写真付きで解説している。まず第1週は、体をほぐすことに集中したい。あぐらを組んで手を背中側で組み、胸を張りながら肩甲骨を寄せるように意識する。この姿勢から首を右に傾け10秒キープ。反対も同様に行おう。他にも、「猫のびストレッチ」や「肩ゆらしストレッチ」などを行えば、全身がほぐされて可動域が広がるはずだ。

 4週間後を楽しみに、まずは始めてみては。 (クロスメディア・パブリッシング 1380円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る