「イスラム流 幸せな生き方」常見藤代著

公開日:

 イスラムというと、豚肉はダメ、酒もダメと厳格な「コーランの教え」に縛られた不自由な国というのは間違いという。

 例えばラマダン=断食月。約1カ月間断食するというが、それは昼間だけの話で、日が沈めば飲み食いもセックスもOKなのだ。日没後に家族そろって食べる食事「イフタール」には普段よりごちそうが並び、昼間、食事を抜いた分だけおいしいのは当然で、ラマダンのおかげて逆に太ってしまった人もいるくらいだ。

 生涯に一度はメッカ巡礼が義務付けられているというのにも、ちゃんと抜け道が用意されていて、行く義務があるのは旅費を出せる人だけでよく、旅費を払って「代理巡礼」してもらうこともできる。イスラムの人々を撮り続けて20年になる著者が、コーランを生きるルールとしているアラブの人々の本当の暮らしぶりを伝えるエッセー。

 (光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る