「イスラム流 幸せな生き方」常見藤代著

公開日:

 イスラムというと、豚肉はダメ、酒もダメと厳格な「コーランの教え」に縛られた不自由な国というのは間違いという。

 例えばラマダン=断食月。約1カ月間断食するというが、それは昼間だけの話で、日が沈めば飲み食いもセックスもOKなのだ。日没後に家族そろって食べる食事「イフタール」には普段よりごちそうが並び、昼間、食事を抜いた分だけおいしいのは当然で、ラマダンのおかげて逆に太ってしまった人もいるくらいだ。

 生涯に一度はメッカ巡礼が義務付けられているというのにも、ちゃんと抜け道が用意されていて、行く義務があるのは旅費を出せる人だけでよく、旅費を払って「代理巡礼」してもらうこともできる。イスラムの人々を撮り続けて20年になる著者が、コーランを生きるルールとしているアラブの人々の本当の暮らしぶりを伝えるエッセー。

 (光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る