いまこそ世界史を読み直そう編

公開日: 更新日:

「名画で読み解く『世界史』」祝田 秀全著

 グローバリゼーションの嵐が吹き荒れ、宗教や国家が新たな紛争と殺戮を生み出している現代社会。なぜこうなったのか、解決の糸口はどこにあるのかを探り、自分が生きてきた時代を改めて見つめ直したい――。そんな諸氏にオススメの話題の世界史本をご紹介。

 ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」も、レンブラントの「夜警」も、世界の名画はどれも、その時代と密接に結びついて描かれていて、世界の名だたる名画からは、「世界史」を生きた人々の姿が生き生きと立ち上がってくる。

「名画で読み解く『世界史』」(世界文化社 1400円+税)は、111枚の名画から、絵の題材となった出来事と、誰がどのような意図で描いたかを、絵の細部に注目しながら、代々木ゼミナールの名物講師・祝田秀全氏の監修で読み解いてくれる面白本だ。

 たとえば、紀元前500~449年のペルシャ戦争を描いた画家ダヴィッドの絵からは、軍事国家スパルタ軍300人が、20万人のペルシャ軍の攻撃に3日間持ちこたえた謎を読み解く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る