いまこそ世界史を読み直そう編

公開日:  更新日:

「名画で読み解く『世界史』」祝田 秀全著

 グローバリゼーションの嵐が吹き荒れ、宗教や国家が新たな紛争と殺戮を生み出している現代社会。なぜこうなったのか、解決の糸口はどこにあるのかを探り、自分が生きてきた時代を改めて見つめ直したい――。そんな諸氏にオススメの話題の世界史本をご紹介。

 ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」も、レンブラントの「夜警」も、世界の名画はどれも、その時代と密接に結びついて描かれていて、世界の名だたる名画からは、「世界史」を生きた人々の姿が生き生きと立ち上がってくる。

「名画で読み解く『世界史』」(世界文化社 1400円+税)は、111枚の名画から、絵の題材となった出来事と、誰がどのような意図で描いたかを、絵の細部に注目しながら、代々木ゼミナールの名物講師・祝田秀全氏の監修で読み解いてくれる面白本だ。

 たとえば、紀元前500~449年のペルシャ戦争を描いた画家ダヴィッドの絵からは、軍事国家スパルタ軍300人が、20万人のペルシャ軍の攻撃に3日間持ちこたえた謎を読み解く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る