いまこそ世界史を読み直そう編

公開日:  更新日:

「名画で読み解く『世界史』」祝田 秀全著

 グローバリゼーションの嵐が吹き荒れ、宗教や国家が新たな紛争と殺戮を生み出している現代社会。なぜこうなったのか、解決の糸口はどこにあるのかを探り、自分が生きてきた時代を改めて見つめ直したい――。そんな諸氏にオススメの話題の世界史本をご紹介。

 ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」も、レンブラントの「夜警」も、世界の名画はどれも、その時代と密接に結びついて描かれていて、世界の名だたる名画からは、「世界史」を生きた人々の姿が生き生きと立ち上がってくる。

「名画で読み解く『世界史』」(世界文化社 1400円+税)は、111枚の名画から、絵の題材となった出来事と、誰がどのような意図で描いたかを、絵の細部に注目しながら、代々木ゼミナールの名物講師・祝田秀全氏の監修で読み解いてくれる面白本だ。

 たとえば、紀元前500~449年のペルシャ戦争を描いた画家ダヴィッドの絵からは、軍事国家スパルタ軍300人が、20万人のペルシャ軍の攻撃に3日間持ちこたえた謎を読み解く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る