「お隣りのイスラーム」森まゆみ著

公開日:  更新日:

 イスラム教徒がラマダンに断食をすることは知られているが、ラマダンとは断食そのものを指すのではなく、ヒジュラ暦の第9月のこと。大塚モスクの事務局長のハールーンさんは、ラマダンがいつ始まるのかというイスラム教徒からの質問に答えるため、池袋のサンシャイン60に上って新月を確認するという。ラマダンを行うのは我慢することを覚える生き方のトレーニングなのだ。目のラマダンは悪いものを見ないこと、口のラマダンは悪いことを言わないこと。信仰さえあればラマダンは楽しいという。

 日本に住む13人のイスラム教徒への著者によるインタビューから、意外なイスラムの世界が見えてくる。(紀伊國屋書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る