• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「お隣りのイスラーム」森まゆみ著

 イスラム教徒がラマダンに断食をすることは知られているが、ラマダンとは断食そのものを指すのではなく、ヒジュラ暦の第9月のこと。大塚モスクの事務局長のハールーンさんは、ラマダンがいつ始まるのかというイスラム教徒からの質問に答えるため、池袋のサンシャイン60に上って新月を確認するという。ラマダンを行うのは我慢することを覚える生き方のトレーニングなのだ。目のラマダンは悪いものを見ないこと、口のラマダンは悪いことを言わないこと。信仰さえあればラマダンは楽しいという。

 日本に住む13人のイスラム教徒への著者によるインタビューから、意外なイスラムの世界が見えてくる。(紀伊國屋書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る