「お隣りのイスラーム」森まゆみ著

公開日: 更新日:

 イスラム教徒がラマダンに断食をすることは知られているが、ラマダンとは断食そのものを指すのではなく、ヒジュラ暦の第9月のこと。大塚モスクの事務局長のハールーンさんは、ラマダンがいつ始まるのかというイスラム教徒からの質問に答えるため、池袋のサンシャイン60に上って新月を確認するという。ラマダンを行うのは我慢することを覚える生き方のトレーニングなのだ。目のラマダンは悪いものを見ないこと、口のラマダンは悪いことを言わないこと。信仰さえあればラマダンは楽しいという。

 日本に住む13人のイスラム教徒への著者によるインタビューから、意外なイスラムの世界が見えてくる。(紀伊國屋書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る