「世界で一番美しい天井装飾」中島智章監修

公開日:  更新日:

 15世紀後半にバチカン宮殿内部に建立されたシスティーナ礼拝堂といえば、巨匠ミケランジェロが描いた天井画がすぐに思い浮かぶ。では、同じようにその名が世界中に知れ渡るロンドンのウェストミンスター聖堂やパリのノートルダム大聖堂などの有名建築物の天井がどうなっているのか、現地を訪ねたことがある方でもすぐに思い出すのは難しいのではなかろうか。

 美しい天井装飾を世界中から選りすぐって紹介する本書で見てみると、ウェストミンスター聖堂もノートルダム大聖堂もその名声に勝るとも劣らぬほどの優美で荘厳な天井をしている。本書では、2世紀前半のローマ「パンテオン」から2007年竣工のアラブ首長国連邦アブダビ「シェイク・ザイード・モスク」まで79の建築物を紹介。

 バチカン宮殿には、他にも「署名の間」などルネサンスを代表する画家ラファエロが弟子と手掛けた天井画がある広間が4つもある。〈13ページにつづく〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る