• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界で一番美しい天井装飾」中島智章監修

 15世紀後半にバチカン宮殿内部に建立されたシスティーナ礼拝堂といえば、巨匠ミケランジェロが描いた天井画がすぐに思い浮かぶ。では、同じようにその名が世界中に知れ渡るロンドンのウェストミンスター聖堂やパリのノートルダム大聖堂などの有名建築物の天井がどうなっているのか、現地を訪ねたことがある方でもすぐに思い出すのは難しいのではなかろうか。

 美しい天井装飾を世界中から選りすぐって紹介する本書で見てみると、ウェストミンスター聖堂もノートルダム大聖堂もその名声に勝るとも劣らぬほどの優美で荘厳な天井をしている。本書では、2世紀前半のローマ「パンテオン」から2007年竣工のアラブ首長国連邦アブダビ「シェイク・ザイード・モスク」まで79の建築物を紹介。

 バチカン宮殿には、他にも「署名の間」などルネサンスを代表する画家ラファエロが弟子と手掛けた天井画がある広間が4つもある。〈13ページにつづく〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る