「もしブラック・ジャックが仕事の悩みに答えたら」 尾﨑健一著

公開日: 更新日:

 小売店の企画室に勤めるAさんは仕事も早く、現場からの信頼も厚い人物だったが、上司のミスを押しつけられたことで疑心暗鬼に。同僚にも責任の所在を求めるようになり、現場はギスギスし出してしまう――。そんな悩みの解決ヒントとして「ブラック・ジャック」の「笑い上戸」を紹介。ブラック・ジャックの同級生で悲惨な経験をしながらもいつも大声で笑う“ゲラ”の態度に、「感情は変えられなくても行動は選べる」と解説する。

 その他、「忠告を聞かない若手に腹が立つ」「過労でもう限界」など産業カウンセラーの著者が実際に見聞きしたサラリーマンの13の悩みを、マンガ「ブラック・ジャック」の中の一話を例に悩み解決のヒントを探る。

(日経BP社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る