「手塚治虫が描いた戦後NIPPON(上・下)」手塚治虫著

公開日:  更新日:

 昭和20年8月15日、医学生だった手塚治虫は、戦争が本当に終わったのか半信半疑だったが、それまで灯火管制で真っ暗だった大阪の街が明るく輝いて見えたときに、これで「好きなマンガが描ける」と戦争が終わったことを実感したという。

 生涯に600余作、10万枚にも及ぶ「マンガの神様」の作品に通奏低音のように流れるのは「戦争を憎み平和を願う」思いだった。本書は、氏が遺した作品で戦後日本社会の歩みをたどったアンソロジー。

 巻頭を飾る「1985への出発」の主人公は、戦争で親兄弟を失った戦争孤児の3人。終戦直後、12万人もの戦争孤児が町にあふれ、浮浪児狩りの名で集められ施設に送られていった。

 そうした施設で出会った13歳のカズオと17歳のキミコ、6歳のテツは、脱走してカズオのアジトで暮らし始めるが、そこもすぐに占領軍によって追い出されてしまう。路頭に迷った3人は、占い師から40年後に3人は大金持ちになっていると予言される。疑う3人が占い師の言うまま路地に入り込むと、1985年の日本にタイムスリップ。1985年の日本の子供たちがオモチャの兵器で殺し合いごっこに夢中になっている姿に憤りを感じた3人は、抗議するために玩具会社に乗り込む……。(1985年発表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る