「雨色の仔羊」麻見和史著

公開日: 更新日:

 警視庁の刑事・塔子は、非番の日、上司に頼まれ、北区の赤羽署に向かう。管内で助けを求める文字が書かれたタオルが見つかったという。字が人の血液で書かれていたと分かり、塔子は合流した先輩の鷹野とともに捜査に乗りだす。タオルは、腕時計とともに布に包まれビルの植え込みに置かれていたという。判読できた文字から助けを求めているのは赤羽2丁目の住人のようだ。

 塔子は、タオルを包んでいた布がカーテンだと推測。窓の形状から見つけだした家屋で手かせ、足かせ、首かせで拘束された惨殺遺体が見つかる。防犯カメラの映像から、植え込みにタオルを置いたのは10歳くらいの少年だと分かる。

 捜査1課の紅一点・如月塔子を主人公にした人気シリーズ「警視庁殺人分析班」の第8弾。

 (講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る