「雨色の仔羊」麻見和史著

公開日: 更新日:

 警視庁の刑事・塔子は、非番の日、上司に頼まれ、北区の赤羽署に向かう。管内で助けを求める文字が書かれたタオルが見つかったという。字が人の血液で書かれていたと分かり、塔子は合流した先輩の鷹野とともに捜査に乗りだす。タオルは、腕時計とともに布に包まれビルの植え込みに置かれていたという。判読できた文字から助けを求めているのは赤羽2丁目の住人のようだ。

 塔子は、タオルを包んでいた布がカーテンだと推測。窓の形状から見つけだした家屋で手かせ、足かせ、首かせで拘束された惨殺遺体が見つかる。防犯カメラの映像から、植え込みにタオルを置いたのは10歳くらいの少年だと分かる。

 捜査1課の紅一点・如月塔子を主人公にした人気シリーズ「警視庁殺人分析班」の第8弾。

 (講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る