「死刑狂騒曲」嶋中潤著

公開日: 更新日:

「血の蠍」と名乗るテロ組織から脅迫状が届く。指名した3人の死刑囚の中から1人を選び解放するよう求める脅迫状には人質の映像も同封されていた。3日後までに要求が受け入れられなければ人質を殺すという。

 警視庁捜査1課の女刑事・菜奈は、先輩の鏑木と組んで指名された死刑囚・池田の関係者への聞き込みを担当する。捜査が行き詰まる中、脅迫は狂言の可能性が高いと判断した政府は死刑囚の解放には応じないと発表。

 犯人は人質の殺害映像をネット上にアップし、遺体の一部をマスコミに送り付けてきた。さらに犯人が新たな人質として公開した映像に映る少女は、総理大臣の孫娘だった。

 死刑囚をめぐる誘拐脅迫事件に日本中が巻き込まれていくサスペンス。

(実業之日本社 685円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る