「警視庁文書捜査官」麻見和史著

公開日: 更新日:

 物語の語り手は、所轄の刑事から捜査第1課への異動が決まって大喜びしていた矢代朋彦。花形部署で活躍するつもりが、配属されたのは書類の整理や保管が主な仕事という科学捜査係文書解読班だった。

 しかも人の書いた文字を偏愛する文字フェチの女性上司・鳴海理沙警部補とたった2人だけという部署で、口の悪い先輩からは「倉庫番」と呼ばれる始末。

 すっかりしょげていた矢代だったが、ある日殺人事件の捜査のために捜査1課4係と共に現場に行くように出動命令が下る。現場にあったのは、レシート裏のメモ書きと、ゴミ箱の下にあったアルファベットの書いてあるカード。果たして、2人は事件の真相に迫ることができるのか……。

 文書や話した言葉から情報を引き出し、犯人心理をあぶりだす女性警部補を部下の視点から描いた警察小説。美人でありながら文字オタクぶりを発揮する理沙警部補の鋭い洞察力に、矢代が魅了され影響されていく様子がほほ笑ましい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る