「警視庁文書捜査官」麻見和史著

公開日: 更新日:

 物語の語り手は、所轄の刑事から捜査第1課への異動が決まって大喜びしていた矢代朋彦。花形部署で活躍するつもりが、配属されたのは書類の整理や保管が主な仕事という科学捜査係文書解読班だった。

 しかも人の書いた文字を偏愛する文字フェチの女性上司・鳴海理沙警部補とたった2人だけという部署で、口の悪い先輩からは「倉庫番」と呼ばれる始末。

 すっかりしょげていた矢代だったが、ある日殺人事件の捜査のために捜査1課4係と共に現場に行くように出動命令が下る。現場にあったのは、レシート裏のメモ書きと、ゴミ箱の下にあったアルファベットの書いてあるカード。果たして、2人は事件の真相に迫ることができるのか……。

 文書や話した言葉から情報を引き出し、犯人心理をあぶりだす女性警部補を部下の視点から描いた警察小説。美人でありながら文字オタクぶりを発揮する理沙警部補の鋭い洞察力に、矢代が魅了され影響されていく様子がほほ笑ましい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る

人気キーワード