テレビの生放送から火がついたユリ・ゲラー現象

公開日: 更新日:

 20時半。録画が生放送に切り替わる。この日の番組では、「今夜8時35分、日本をアッといわせる奇跡が起こる」と大掛かりな宣伝が行われていた。その時間にゲラーがカナダからテレパシーを飛ばすというのだ。

 司会の三木鮎郎は「壊れた時計やスプーンをテレビの前に持ってくるように」と視聴者に呼びかける。三木は自宅から古時計を、アシスタントの児島美ゆきはスプーンをスタジオに用意した。

 スタジオに設置されていた16台の電話の呼び出し音がけたたましく鳴り響く。「時計が動いた」という電話が、じゃんじゃんかかってくる。中には「傘の骨が曲がってしまった」「子供の風邪が治った」「むち打ち症が治った」などというものもあった。電話の嵐は翌朝まで続き、管轄の九段電話局の電話交換機のヒューズが飛んでしまうほどだった。


 三木の古時計も動いたが、児島のスプーンは曲がらなかった。視聴者からの電話でもスプーンやフォークが曲がったというのは少なかった。大反響に見えた電話の嵐だっだが、何も起こらなかったという抗議の電話も相当、含まれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る