日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

元関東連合リーダー・石元太一 “獄中手記”を出版した背景

“半グレ”と呼ばれる暴走族グループ「関東連合」の元リーダー石元太一(32)の獄中手記が話題になっている。

 石元は2012年に六本木で起きた飲食店経営者殺害事件で傷害致死などの罪に問われ、昨年12月に懲役11年(別件の詐欺事件と合わせて)の実刑判決を下された。が、一貫して無罪を主張。

 手記には石元の事件前後の行動、仲間内の力関係、対立組織のことなどが事細かに記されている。当事者が“真相”を語ったのは初めてだけに、注目を集めているが……。

「犯行現場となったクラブ店内に入っていないにもかかわらず、傷害致死の共謀共同正犯で責任を問われるのは納得がいかないということでしょう。検察の“有罪ありき”のシナリオで裁判が進んだと非難しています。17日に東京高裁で開かれた控訴審では自身の無罪を証明する新証拠の提出を裁判長に認められガッツポーズする場面もあった。関東連合は東京のアンダーグラウンドや芸能界にも通じていたので、裁判の過程ではどんな新しい情報が飛び出すのか予測がつきません」(司法担当記者)

 主犯の見立真一は現在も海外に逃亡中。本当の意味で事件の真相が明らかになる日は来るのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事