日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第3回>小津作品によくある“あの空気感”を目指しています

セリフ回しの手本は小津安二郎の作品(C)日刊ゲンダイ

 セリフそのものではなく、言葉の奥にあるものを伝えたい――。役者歴35年のベテランは、試行錯誤を繰り返している。

「セリフだからといって台本に書かれている言葉を記憶して話すと、どうしても感情より理性が先行します。もちろんセリフを覚えるのは当たり前のこ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事