日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

砂の女(1964年 勅使河原宏監督)

映画「砂の女」/(C)一般財団法人草月会

あり地獄にとらわれた男の幸と不幸

 安部公房の難解な小説を映画化。30日~8月5日にラピュタ阿佐ケ谷で上映される。

 学校教師の男(岡田英次)が昆虫採集である村を訪れ、家族と死に別れた女(岸田今日子)の家に宿泊。女は家の周りの砂をかき集め、村人が砂を引き上げる。家は砂の壁に囲まれた谷…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事