大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

「ランボー」新作不運…ジブリ旧作トップ3独占のからくり

公開日: 更新日:

 スタジオジブリの過去作品が、週末の興行ランキング(興行通信社発表)で上位3本を占めたことが評判になった。それも2週連続である。このコロナ禍のなか、新作を押さえたジブリの強さを改めて知らしめたのだが、順位に少し誤解がある気もしたので、はっきりさせておきたい。

 同ランキングは毎週月曜日、週末(土・日曜)の各作品の入場人員(動員)を出して、順位を定めるものだ。動員に入場料金を掛けた、いわゆる興行収入(興収)を計算、比較したものではない。順位に間違いはないのだが、動員計算により新作の興行がそのぶん、脇に追いやられた印象があった。

 実のところ興収でいえば、6月27、28日の土日では、ジブリ作品と同時公開となった新作の「ランボー ラスト・ブラッド」がトップであった。土日で興収9800万円を記録し、これはジブリ3作品を上回る。目標からすると少し足りないとも言えるが、それでも週末“興収”トップであった事実は間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  2. 2

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  6. 6

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

もっと見る