話題騒然…タカラジェンヌの卵「デビューAV」発売中止の怪

公開日: 更新日:

 今月18日の発売前からアマゾンでアダルト写真集のベストセラー1位になっているのが、高塚れな(21)の「Starlight」(双葉社)。誰それ? かもしれないが、実は、一部女性誌に報じられ、ネット上でも「売り切れ必至」と騒ぎになっている“話題の女性”なのだ。

「高塚は大手メーカーのソフト・オン・デマンドからAVデビューする予定で、『100年に1人の逸材』と大々的に宣伝されていたんです。『なぜ、これほどまで清楚な美少女がAVに!?』とあおっていたのに、突然、9日に発売中止が発表された。ネット上では『圧力がかかったか』とカンカンガクガクです」(AV業界関係者)

 圧力とは穏やかじゃないが、実は高塚、“宝塚告げ口訴訟”の原告I子さんと「同一人物じゃないか」と囁かれているのだ。
「I子さんは08年4月に宝塚音楽学校に入学後、同期生の数人から『コンビニで万引した』とウソの告げ口をされ、同じ年の11月に退学処分に。彼女の美貌をねたんだイジメだったともっぱらです。彼女は翌年、学校側を相手取って処分の撤回と、1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、全国紙にも報じられました」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

もっと見る