話題騒然…タカラジェンヌの卵「デビューAV」発売中止の怪

公開日:  更新日:

 今月18日の発売前からアマゾンでアダルト写真集のベストセラー1位になっているのが、高塚れな(21)の「Starlight」(双葉社)。誰それ? かもしれないが、実は、一部女性誌に報じられ、ネット上でも「売り切れ必至」と騒ぎになっている“話題の女性”なのだ。

「高塚は大手メーカーのソフト・オン・デマンドからAVデビューする予定で、『100年に1人の逸材』と大々的に宣伝されていたんです。『なぜ、これほどまで清楚な美少女がAVに!?』とあおっていたのに、突然、9日に発売中止が発表された。ネット上では『圧力がかかったか』とカンカンガクガクです」(AV業界関係者)

 圧力とは穏やかじゃないが、実は高塚、“宝塚告げ口訴訟”の原告I子さんと「同一人物じゃないか」と囁かれているのだ。
「I子さんは08年4月に宝塚音楽学校に入学後、同期生の数人から『コンビニで万引した』とウソの告げ口をされ、同じ年の11月に退学処分に。彼女の美貌をねたんだイジメだったともっぱらです。彼女は翌年、学校側を相手取って処分の撤回と、1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、全国紙にも報じられました」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る