警察官から職務質問された際に身分を偽ってもOKなのか?

公開日: 更新日:

 警察官から職務質問をされたり、所持品検査をされたりすることがある。年末年始などの特別警戒中は特にそうで、あれこれと聞かれたりしたサラリーマンもいるのではないか。もっとも、これ、必ず応じなければならないわけではない。

「職務質問は原則として任意で行われるものです。法律上、断ることができます。犯人隠避など、何らかの犯罪にあたるような場合でない限り、自分の身分を偽るなどのウソをつくこと自体も、犯罪にはなりません。所持品検査については、それを認める条文がなく、職務質問に付随するものとして認められていますが、こちらも原則として本人の承諾が必要です」

 こう言うのは、山口貴士弁護士だ。職務質問については警察官職務執行法第2条に定められている。挙動が異常だったり、周囲の事情から合理的に判断して犯罪との関わりを疑うに足りる理由があったりした場合に、警察官は職務質問ができるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る