“白髪フェチ”女性増 「あえてロマンスグレー」なぜモテる

公開日: 更新日:

「男は黙って白髪」の時代が到来か。ドラマ「下町ロケット」で若い女性が注目したのは、帝国重工の財前部長を演じた吉川晃司の姿。黒の交じった白髪に熱~い視線が送られていたという。40~50代サラリーマンの多くは、白髪を隠せなくなっているはず。果たして髪は染めた方がいいのか、それとも染めない方がいいのか――。

■“白髪フェチ”の若い女性が増えている

「婚活難民」などの著書がある恋愛作家のにらさわあきこ氏は、こう言う。

「20代からアラフォーまでの年上好き婚活女性を取材すると、吉川晃司さんや緒形拳さん(写真右)を好みのタイプに挙げますね。年を重ねた自然の髪色に、大人の落ち着きとオシャレを感じるそうです。昨年公開された30代半ばのOLと50代の壮年男性との恋愛を描いた映画『娚の一生』で、ロマンスグレーを披露した豊川悦司に色気を感じた女性も多かった。この1、2年白髪人気が高まっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る