日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

30ドル割れ目前 「原油安」は庶民に唯一の朗報となるか

 12年ぶりの安値をつけた原油価格も株価同様、下げ止まる気配がない。2014年夏までは1バレル=100ドルを軽く超えていたが、長引く供給過剰によって、今や30ドル台割れも時間の問題となってきた。

 新年早々、サウジがイランと国交を断絶。中東情勢の混乱は本来、原油の高騰要因のはずだが、むしろ断交によって「両国が加盟するOPECの協調減産が遠のいた」(市場関係者)と売り材料視されている。そこに世界第2の原油消費大国である中国経済の先行き不安も重なり、下落に拍車を掛けている。

 歴史的な原油安を受け、国内のレギュラーガソリンの店頭価格は10週連続で値下がり。1リットル=110円を切るGSも目につくようになった。「生活の足」としてマイカーの欠かせない地方はニンマリで、実質賃金のマイナス分を浮いた通勤費で何とか補っていることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事