ファミレス24時間営業撤退 カラオケ業界の追い風になるか

公開日: 更新日:

 カラオケ評論家の唯野奈津実氏が言う。

「最近のカラオケボックス業界は、逆に24時間営業に向かっている。そもそも『始発まで歌おう』という利用は昔からあるわけで、24時間営業の外食店が減れば、必然的にそうした利用客が増える可能性はあります」

 全国カラオケ事業者協会「カラオケ白書」によると、2015年度のカラオケ参加人口は4750万人、前年度比で0.2%の微増だ。20年前に比べて1000万人以上減ったとはいえ、カラオケボックス市場は10年度3790億円から15年度3994億円と“復調”傾向にある。さらに追い風になると思いきや、こんな見方もある。

「ただ、カラオケボックスで数時間、始発待ちすると、都内じゃ最低1人1500~2000円はかかります。1000円以内で粘れるファミレスより割高です。仮に利用客が増えるにしても、低価格で急成長中の『まねきねこ』のような“激安店”だけで、大手はどうか。24時間営業の外食店が減ることで、まねきねこが店舗数首位の『ビッグエコー』を抜くなんてことも起こるかもしれませんが、それ以前に、終電前にさっさと帰るサラリーマンが今よりもっと増えるはずです」(岩波拓哉氏)

 風はどっちに吹くか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る