告発された 自民党議員と元女性秘書2人めぐる“給与騒動”

公開日:  更新日:

 秘書給与をめぐって、自民党議員と元女性秘書2人の間で騒動が起きている――。

 騒動の中心人物は当選2回の小島敏文衆院議員(65=比例中国)。宮沢喜一元首相の秘書を経て、広島県議を7期務めたベテランだ。

 コトの発端は、公設第2秘書だった女性Aさん(40代)が起こした“文書偽造”だという。今年10月までの約1年間、小島事務所で政策秘書を務めていたBさん(41)が経緯を説明する。Bさんは永田町でも有名なほっそりとした色白の美人だ。

「Aさんは国立大を出ているエリートですが、なにか問題があったのか、議員が解雇を言い渡し、今年10月10日に解職となるはずでした。ところが、Aさんは受け取った解職届を偽造し、辞める日を12月末と直して衆議院に提出していたのです。そのため、働いていない10月分の給料が払われていました。事務所の管理能力も問題ですが、最初のうち、議員はAさんに返還要求をせず、なかったことにしようとしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る