出直し維新に暗雲…若手議員が未払いパワハラで訴えられる

公開日:  更新日:

 維新の党の足立康史衆院議員(比例近畿)が元女性秘書に訴えられることが分かった。元女性秘書は21日、パワハラや長時間労働による未払い残業があったとして、損害賠償などを求める訴えを大阪地裁に起こす。

 この日は松野頼久代表による新執行部体制が発足する大事な日だが、いきなり水を差された格好だ。

 足立氏は今年3月、厚生労働委員会で元女性秘書から残業代700万円を請求されたと明らかにした上で、「ふざけるなと思う。私は24時間365日仕事をしている。そういう中で、秘書だけ、労働基準法に沿って残業代を支払うということはできない」と持論を展開していた。

 この強弁ぶりはネットでも注目を浴び、「ブラック企業」ならぬ「ブラック政治家」と認定されていた。そして、「最高裁まで争う」と宣言していたが、本当に提訴されてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る