• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高木大臣は大丈夫か…下着ドロ「再犯率」で分かった重症度

「盗んだろ」「盗んでない」となかなか決着がつかないのが高木毅復興大臣の下着泥棒問題だ。いまから30年ほど前、地元の福井県敦賀市で思いを寄せていた女性の家に侵入。下着を盗んで警察の取り調べを受けたと報じられた。

 当の高木大臣が国会で「週刊誌に報道されたような事実はない」と疑惑を否定したため真相はヤブの中だが、世論が30年前の話で済まそうとしないのは高木氏が大臣だからだけではない。この種の犯罪は“ビョーキ”でなかなか治らないとされる。で、気になるのが下着ドロの再犯率だ。法務省と警察庁に問い合わせたところ、下着泥棒、痴漢などのわいせつ犯罪の再犯率のデータは存在しないと回答した。しかし、参考になるのは他国の「わいせつ犯罪の再犯率」だ。

「日本ではわいせつ犯の再犯率のデータはありませんが、米国には存在します」と言うのは「日本防犯診断士協会」理事長の中山天氏だ。米国ではFBIなどが統計を取っていて、強制わいせつや下着泥棒、盗撮、痴漢などの再犯率は77~80%に上るという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る