パソナ子会社への「強制出向」 社員の猛反発で撤回の過去

公開日: 更新日:

 人材大手パソナが追い詰められている。子会社「日本雇用創出機構」に、大手企業で退職勧奨に応じない社員の“強制出向”を受け入れ、業務とは名ばかりの「再就職先探し」をやらせていたが、5日夜から全78社の「株主・賛助会員企業」を記載したウェブページが、なぜか閲覧不能になっている。

 日刊ゲンダイ本紙や国会での追及におじけづいたのか。後ろめたくなるのもムリはない。パソナ機構には、社員らの反発を招き“強制出向”をはねつけられた過去がある。

“強制出向”の無効を勝ち取ったのは、国会でも問題視された電気機器大手「アルバック」の社員だ。

 アルバックは2012年12月1日付で十数人の社員に、パソナ機構への出向を命じた。反発した社員らは翌13年2月にアルバック労組へ「出向取り消し」を申し入れ。労組は経営陣に、「労働紛争のあっせん」を要請した。同年6月に労組代理人の岡田尚弁護士の仲介で、出向が取り消されるに至ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  4. 4

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  5. 5

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  6. 6

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  7. 7

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  8. 8

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  9. 9

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  10. 10

    20歳の渋野日向子ツアー初Vで加速「女子プロは命短し…」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る