松山英樹が1アンダー13位発進 事前コースチェックの奏功

公開日: 更新日:

【マスターズ初日】

 今年2月のフェニックスオープンで米ツアー2勝目を挙げ、日本人初のメジャー優勝を狙う松山英樹(24)が、1アンダー13位タイの好スタートを切った。

 今大会は3年連続5度目の出場で、昨季は自己最高の5位。米ツアー公式サイトの優勝予想では11番手に挙げられ、ニック・ファルドやトム・ワトソンら歴代チャンピオンに「勝機ある」と、注目されていた。

 多くのパトロンに囲まれた1番パー4は2打目がグリーンから左奥へこぼれ落ち、3打目を寄せきれずに、2パットボギー発進となった。

 続く2番パー5は2打目を左バンカーまで飛ばすと、右端に切られたカップまで傾斜を利用してピンそば10センチにつけ、初バーディー。7番パー4はピン上1メートルのチャンスにつけるも、折からの強風で2度アドレスを解いた。それでも仕切り直して落ち着いて沈め、2つ目のバーディー。9番パー4は2打目をピン下6メートルにつけると、スライスラインを放り込んで2アンダーで前半を折り返す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る