賞金は上なのに 松山英樹「稼ぎ」で錦織超えできない理由

公開日:  更新日:

 今週のWGCデル・マッチプレーは惜しくも予選敗退した松山英樹(24)は2015~16年シーズン、ここまで10試合に出場して、優勝を含むトップ10入り3回。賞金ランクを9位(195万1043ドル=約2億1851万円)まで上げた。J・スピースは12位(161万7167ドル)、J・デイは16位(151万6500ドル)と、世界ランク1、2位より上にいるのだからリッパなものである。

 すでに賞金ランク15位(375万8619ドル=約4億2100万円)だった昨季(25試合)の半分以上を稼ぎ、このままコンスタントに好成績を重ねれば、昨季を大幅に上回るのは間違いない。

 ところが、上には上がいる。昨年6月、米フォーブス誌が発表した「世界で最も稼ぐスポーツ選手100人」によると、ランクインしたプロゴルファー6人の中に松山の名前はない。日本人はヤンキースの田中将大(27)が約25億7600万円で58位、プロテニスプレーヤーの錦織圭(26)が約21億8400万円で92位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る