賞金は上なのに 松山英樹「稼ぎ」で錦織超えできない理由

公開日: 更新日:

 今週のWGCデル・マッチプレーは惜しくも予選敗退した松山英樹(24)は2015~16年シーズン、ここまで10試合に出場して、優勝を含むトップ10入り3回。賞金ランクを9位(195万1043ドル=約2億1851万円)まで上げた。J・スピースは12位(161万7167ドル)、J・デイは16位(151万6500ドル)と、世界ランク1、2位より上にいるのだからリッパなものである。

 すでに賞金ランク15位(375万8619ドル=約4億2100万円)だった昨季(25試合)の半分以上を稼ぎ、このままコンスタントに好成績を重ねれば、昨季を大幅に上回るのは間違いない。

 ところが、上には上がいる。昨年6月、米フォーブス誌が発表した「世界で最も稼ぐスポーツ選手100人」によると、ランクインしたプロゴルファー6人の中に松山の名前はない。日本人はヤンキースの田中将大(27)が約25億7600万円で58位、プロテニスプレーヤーの錦織圭(26)が約21億8400万円で92位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る